Fasting:準備の重要性

デットクスや脂肪燃焼が思い通りにすすまない無意味なFasting(ファスティング)をしないためには、準備が大切です。

物事をなすにはには段取り八割といいますでしょう?Fastingの準備とは準備食。

ウォーミングアップ(=準備食)なしにスタートライン(=Fasting本番開始)には立てません。

Fastingでは、食べないからデトックスできる、体内の有害物質が排泄できるわけではないのです。

消化吸収に使っていた酵素が代謝に回せるようになって、初めてデトックス効果が得られるようになります。

つまり、胃腸内に消化するべき食べ物がたくさん残っていては、「今日からFasting!」と張り切っても無駄なのです。

Fastingの前日に消化に時間のかかる肉や魚などの脂っこい食物を摂取していると、朝からFastingを開始しても、まず半日は無駄に過ごすことになります。

理想的には前日のみでなく、2日前くらいから消化の良い食事に切り替え、可能な限り胃腸内に未消化の食物がないようにします。

大原則は「動物性たんぱく質をさけ、消化がよい食物を摂取する。」と言えます。

ただし、消化がよい食物として炭水化物中心になると、ミネラルが不足する可能性がありますので、できればスポーツクラブのFastingインストラクターに相談して献立をたてるとよいでしょう。

スポーツクラブ以外にもオンラインでカウンセリングを提供しているところは少なくありません。

ファスティング講座に参加するのもいいですね。

段取り八割、準備「食」が大切と話を進めてきましたが、Fastingを効果的に、かつ安全に行うためには、知識として覚えておかなくてはいけない注意事項もあります。

自分ひとりで実行せずに各種のキャンペーンを利用するなどして、必ずサポートを得てから実行しましょう。

Comments are closed.